2014/10/17 Fridayauthor: JummaNet サイト管理者

「無農薬みかん」と感動の出会い


活動費を得るためジュマ・ネットが、かぼちゃやメロン、トマトなど無農薬・低農薬の野菜や果物を販売しているのはご存じだと思います。
冬の時期に販売できる果物として「みかん」の可能性をこの数年探していました。
私は今、浜松に暮らしており、有名な三ヶ日みかんの産地に近いです。しかし、自然食に関心の高い人に聞いても、「えー?無農薬みかん・・・聞いたことないなぁ」と、これといった反応が得られていませんでした。それだけみかんは農薬なしでは作れないということだと理解していました。
しかし浜松で有名な自然食品店「あさのは」に行って聞いたところ、藤枝市で完全無農薬のみかんをつくって久しい杵塚さんという人がいると紹介してもらいました。

9月のとある日曜日、藤枝市の杵塚さんのところに訪問してきました。
杵塚さんは、私より少し年上かと思いますが、物腰の柔らかく、誠実な方でした。
ジュマ・ネットの活動のことを話すと、「そういった活動をしている人たちならば、ぜひ一緒にやりたいです」と言ってくれました。
IMG_2937.jpg

30年前に多くの気づきと学びから、無農薬のお茶をつくろうと誓い、多くの苦労と努力をして、現在のお茶とみかん栽培を確立されました。苦労話は、私には想像のつかないものばかりで、その当時「無薬」という考え方がいかに新しい思想であったかを感じました。
杵塚さんは今ご家族と協力して、「人と農・自然とつなぐ会」を開催しておられ、無農薬のお茶、みかん、農作物の栽培をする農家や消費者をつなぐ活動を展開されています。
IMG_2946.jpg

できれば12月から無農薬みかんをジュマ・ネットで販売したいと思います。
関心のある方はぜひお買い求めください。

共同代表・下澤嶽