Web

2009/05/27 Wednesdayauthor: Midori

更新しました。

先週は、ジュマ・ネットのウェブサイトをいくつか更新しました。

2009/05/13 Wednesdayauthor: Midori

ヘンゴロンとmixi(ミクシー)と腰織り機

今さら?と言われそうですが、mixiに入りました~。smile
私が入ったわけではないのですが、、、ジュマ・ネット事務局アカウントを作りました。
もし、mixiユーザーの方がいたら、プロフィール見に来て下さいね~。良かったらマイミク申請してください。happy01
試しに、mixiに動画をアップしてみました。動画の内容は見てのお楽しみheart01ということで。

mixiユーザー以外の方にも見て頂ける動画をYouTubeにアップしてみました。
チッタゴン丘陵地帯のジュマの女性の織物の紹介です。



カグラチャリ県の村でマルマの集落に行ったときに撮らせてもらったものです。
チッタゴン丘陵でも先住民族の女性たちは、腰織り機(バックストラップ織り)と呼ばれる織り機で伝統的な織物をします。11民族、各民族には、それぞれの民族衣装があり、それぞれ独自の織りや柄があります。家の軒先などに、この織り機を下げて女性たちが織物をします。
大きさや織りの種類、また織る人の熟練度によってだいぶ差があると思いますが、女性が身に付ける織物で1週間くらいかかるそうです。足をつっぱって腰で支えているので、(やったことはありませんが)力が要りそうですね。この織り機は持ち運びに便利なので、どこでも織ることが出来、またそれを売って現金収入を得ることが出来ます。ディギナラの帰還難民の仮設住宅(元小学校)へ行った際に、やはり中庭で女性が織物をしていたのを覚えています。

このバックストラップ織りは、アジアや中米など広範囲で現在も行なわれているようです。詳しくは、これを見てください。
backstrap.jpg
2009/05/05 Tuesdayauthor: Midori

MTと格闘するNGOスタッフ

ゴールデンウィークも中盤、皆さん連休は楽しくお過ごしでしょうか?
私はテレビで豚インフルエンザと1,000円渋滞とデフレ突入か?という不景気ニュースを見ながら、MT(Movable Type)と格闘dashしております。ジュマ・ネットのこのウェブサイトはMTで構築されていますが、カスタマイズになかなかてこづっています。お見苦しい点も多いかと思いますが、徐々に改良して行きますので、どうかshine温かい目shineeyeで見守って下さい。。。

昨日は、この運営委員ブログのサイドバーに、執筆者のプロフと写真などを掲載してみました。今日は、記事作成の際に、絵文字が使えるようにプラグインを追加してみました。
絵文字の方は、『MTでも絵文字使おうぜプラグイン、アリマス』さんを参考にさせて頂きました。とても簡単で助かってしまいました!(最初sixapartのプラグインディレクトリで紹介されている方法を試したところ、画像ファイル準備の手間にしり込みしていたのです...coldsweats01

MTはプラグインが豊富でなかなか楽しいのですが、複雑なテンプレートとMTタグに苦戦中でなかなか思い通りにカスタマイズが進みません。まあ、勉強しながらちょっとづつ...進化予定です。

さて、私は2000年に初めてバングラデシュを訪問、2002年頃からシャプラニールやジュマ・ネットの前身でもあるジュマ・ワールドというイベントグループからNGOというものに触れるようになりました。大学卒業後は、デザイン事務所やIT系企業で働いていましたが、2005年にジュマ・ネットが上野に事務所を構える時に、ジュマ・ネット初のたった1人の事務局スタッフとなりました。それから今年2009年で5年目です。(現在は事務局スタッフは2名です)

このブログでは、バングラデシュのこと、ジュマ・ネットのこと、そしてウェブやインターネットを通してNGOをよく知らない人ともコミュニケーション出来たら良いなあと思っております。(最近、Twitter始めてみました。でも使い方がよく分かってない)