自己紹介

2013/12/28 Saturdayauthor: JummaNet サイト管理者

黒いバラの絵

今月からジュマ・ネットのスタッフになりました、竹中奈津子と申します。
一から勉強の日々です。どうぞよろしくお願いします。



ちょうど去年の今頃、奨学金支援をしているモノゴールの子どもたちから、素敵なお便りがとどきました。
二つ折りの画用紙の表には「Happy New Year」のメッセージ、内側には思い思いの絵を描いてくれています。

先生が、「みんながどんなところに住んでいるのか教えてあげましょう」と言ったのでしょうか。
緑の山に青い川、空には鳥が飛んでいて、オレンジ色の太陽が輝いている絵が多くありました。
子どもたちがそこではつらつと遊んでいる様子が目に浮かんでくるようです。

一枚一枚、ほほえましく眺めていましたが、ある一枚の絵にどきっとしました。
カラフルな他の子どもたちの絵に混じった、真っ黒なバラの絵。
大きなバラと小さなバラが寄り添うようにあり、周りには影が描かれていました。


心に大きな傷を抱えている子は、絵を描くのに明るい色を使わないのだそうです。
それは聞いたことがあったけれど、いざ目の当たりにすると、胸が締め付けられました。
先輩スタッフに聞いてみると、この子は襲撃事件でお父さんを殺されたのだそうです。
絵に添えられていた顔写真も、一人だけこちらを見ずにうつむいています。


彼の心には、青い空も明るい太陽も映らないのかもしれません。
大きなバラと小さなバラは、お父さんと彼なのでしょうか。


子どもたちの絵.jpg


私たちにできることはほんの小さなことかもしれません。
でも、もし彼に会うことができたら、「きみのことを思っている人が日本にもいるんだよ」と伝えたい。
彼が色とりどりの絵を描けるようになることを願っています。


事務局スタッフ
竹中
2009/05/05 Tuesdayauthor: Midori

MTと格闘するNGOスタッフ

ゴールデンウィークも中盤、皆さん連休は楽しくお過ごしでしょうか?
私はテレビで豚インフルエンザと1,000円渋滞とデフレ突入か?という不景気ニュースを見ながら、MT(Movable Type)と格闘dashしております。ジュマ・ネットのこのウェブサイトはMTで構築されていますが、カスタマイズになかなかてこづっています。お見苦しい点も多いかと思いますが、徐々に改良して行きますので、どうかshine温かい目shineeyeで見守って下さい。。。

昨日は、この運営委員ブログのサイドバーに、執筆者のプロフと写真などを掲載してみました。今日は、記事作成の際に、絵文字が使えるようにプラグインを追加してみました。
絵文字の方は、『MTでも絵文字使おうぜプラグイン、アリマス』さんを参考にさせて頂きました。とても簡単で助かってしまいました!(最初sixapartのプラグインディレクトリで紹介されている方法を試したところ、画像ファイル準備の手間にしり込みしていたのです...coldsweats01

MTはプラグインが豊富でなかなか楽しいのですが、複雑なテンプレートとMTタグに苦戦中でなかなか思い通りにカスタマイズが進みません。まあ、勉強しながらちょっとづつ...進化予定です。

さて、私は2000年に初めてバングラデシュを訪問、2002年頃からシャプラニールやジュマ・ネットの前身でもあるジュマ・ワールドというイベントグループからNGOというものに触れるようになりました。大学卒業後は、デザイン事務所やIT系企業で働いていましたが、2005年にジュマ・ネットが上野に事務所を構える時に、ジュマ・ネット初のたった1人の事務局スタッフとなりました。それから今年2009年で5年目です。(現在は事務局スタッフは2名です)

このブログでは、バングラデシュのこと、ジュマ・ネットのこと、そしてウェブやインターネットを通してNGOをよく知らない人ともコミュニケーション出来たら良いなあと思っております。(最近、Twitter始めてみました。でも使い方がよく分かってない)
2009/05/02 Saturdayauthor: Miki

はじめまして、事務局の佐藤です。

皆さま、はじめまして。

ジュマ・ネット事務局スタッフの佐藤です。

はじめに、私の簡単な自己紹介とジュマ・ネットのつながりからご紹介します。

2001年にICANという名古屋に本部を持つNGOのインターンとしてフィリピン、マニラに滞在。
パヤタスごみ処理場で働く子ども達やお母さん達と関わっていました。
2002年にはICANのボランティアスタッフとして、フィリピン、ミンダナオ島に滞在。
奨学金や先住民族の子ども達へ給食支援をしていました。

帰国後、日本でも何かNGO活動にかかわりたいと思ってNGOを探していたところでジュマ・ネットに出逢いました。平和学習ワークショップ作りに参加したのがきっかけでした。

その頃は、バングラデシュのことは聞いたことはあったけど、チッタゴン丘陵問題というのは全く知らなくて、世界には自分の知らないことがいっぱい起こっているんだなあ、と愕然とした気持ちでした。

その後、偶然青年海外協力隊でバングラデシュの派遣が決まりました。
2年後の2008年の4月に日本に帰国して、7月からジュマ・ネットの事務局スタッフとして働いています。

NGO職員として働くというのは、私の夢でもあったので非常に嬉しく&幸運に思っています。様々な人と繋がりができていくのが楽しい毎日です。

このブログでは事務局の日々の様子や、バングラデシュについて紹介していきたいと思っております。

どうぞ、よろしくお願い致します。

佐藤未希



06.9.17 003.jpg
バングラデシュにいた時に住んでいた家から見えた朝日、いつも見て癒されていました





2009/04/30 Thursdayauthor: 副代表 木村真希子

こんにちは。運営委員の木村です

はじめまして。ジュマ・ネット運営委員の木村真希子です。

私はインド北東部の先住民族に関する民族運動や紛争を研究する傍ら、国連を利用した先住民族の権利運動にかかわっています。インド北東部はチッタゴン丘陵に隣接していることもあり、2003年ごろ、ジュマ・ネットの皆さんと知り合いになり、2007年から運営委員になりました。

チッタゴン丘陵には一度しか行ったことがないので、ジュマのことはまだまだ勉強中です。このブログでは、インド北東部の先住民族や、日本のアイヌ民族、琉球・沖縄民族の状況や、国連における権利運動の動向などについて親しみやすくご紹介できればと思っています。よろしくお願いします。

下澤さんに倣って、わたしも略歴を書いてみます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

1997年、大学院修士課程在籍時にインド北東部・ビルマ国境のナガランド独立運動を通じて、国際的な先住民族の権利運動を知る。1999年、先住民族の権利運動を支援するNGO市民外交センターで活動を始める。2001年より、インド・デリーのジャワ―ハルラル・ネルー大学に留学。アッサム州の民族運動と紛争に関する論文で博士号取得。2004-2007年まで、日本学術振興会特別研究員として、アッサム州における長期のフィールドワークを実施。2007年9月から、明治学院大学国際平和研究所助手。

2009/04/26 Sundayauthor: 共同代表 下澤嶽

はじめまして、代表の下澤です

始めまして。代表の下澤です。

ジュマ・ネットを最初に立ち上げたのが、2002年の3月ですから、もう7年が経ってしまいました。早いものですね。この7年は決して、チッタゴン丘陵の人々にとっては希望の7年ではなかったと思います。しかし、2008年12月の選挙でアワミリーグが大勝してから、政治状況は大きくかわりつつあります。チッタゴン丘陵に平和がくるかもしれません。(もちろん楽観できませんが)

私としては、このブログで、できるだけ率直なチッタゴン丘陵の課題と、ジュマ・ネットのことを書き込んでいければと思います。よろしくお願いします。

私の簡単な略歴を以下紹介させていただきます。よろしくお願いします。

---------------------------------------

大学卒業後、英国のCSV(Community Service Volunteers)の1年間ボランティアに参加。帰国後、日本青年奉仕協会、世田谷ボランティア協会を経て、1988年には(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会の駐在としてバングラデシュへ。帰国後、1998年に同会事務局長。2002年7月に退職し、2006年7月より(特活)国際協力NGOセンター事務局長。平和構築NGO ジュマ・ネット代表。一橋大学大学院社会学部博士後期在籍、法政大学非常勤講師。2007年度愛知大学同窓会優秀奨励賞受賞。著書「開発NGOとパートナーシップ 南の自立と北の役割」(2007 コモンズ)。