2015/08/06 Thursdayauthor: JummaNet事務局

【現地通信員ブログ】私がいるところ

みなさまこんにちは。
日本はこれから夏本番という頃でしょうか。
バングラは雨期が終わり、涼しくなってきました。

カプタイ湖にうつる夕日.JPG   (写真:カプタイ湖に映る夕日)


改めまして、私は、バングラデシュのチッタゴン丘陵地帯、ランガマティ県、
ランガパニ村というところにいます。そこのお寺に住んでいます。

日本語教師をしているのは、そこから徒歩10分くらいの
(丘陵地帯だから平地の倍はかかる)モノゴール(Moanoghar)という学校です。

モノゴール正門.JPG   (写真:モノゴール正門)


Class1からClass10までの子がいます。
日本で言うと小学1年から高校1年くらいですかね。

私にとって非日常である誰かの日常に
入り込むことは難しくも楽しいです。毎日、生きていることを感じます。

みんなでピクニック.JPG  (写真:みんなでピクニック)
  (みんなでピクニックしたときの一枚。写真中央やや右寄りのおかっぱが筆者。)


この動画は私が入り込んでいる日常をうつしたもの。かな。
ある村の、ランガパニという村の日常です。

一緒に滞在しているはらだなつみさんという方が撮影しました。
ちなみに私はナレーション。笑
こういうかたちで関われたのは本当に嬉しいです。

デモとかいろんな理由をつけては軍や政府はこの地域を孤立させようとします。
外部から遠ざけようとするのです。
差別的で人権を弾圧する規制を作り、まるでここに住む人たちが悪いとでもいうように。
いかん、いかん。軍の話になるともう愚痴でしかなくなります。

ここには普通の日常があって、
だれかの毎日があって、家族がいて、友達がいて。

特別じゃないのです。なにも。
ただ、ただ、毎日を平和に過ごしたいだけ。

5分、あなたに見てほしいです。
5分、耳と目と心を少し、ください。

UFPFF 2015『 One Village Rangapani 』
https://youtu.be/BlxiN2zYmjE