2015/06/02 Tuesdayauthor: 共同代表 下澤嶽

【現地通信員ブログ】にほんごクラススタートです!

現地への滞在が本格的にスタートいたしました。
こんにちは、花城です。

正式に許可が降りたため、5月の中旬からランガマティに滞在しています。
毎日ライチとマンゴーを食べて、食べています。
このブログもマンゴーを食べながら書いています。
IMG_8932.JPG   みんなでマンゴーを木から落としてる場面。

私がバングラデシュに滞在する主な目的は、モノゴールでの日本語教師。
そのにほんごクラスも、ついにスタートしました。
生徒は総勢70人。
7年生と9年生を対象に授業をしています。

"生徒"という立場は13年以上の私も、
"先生"という立場になるのは初めてです。

image3.JPG   9年生の様子。


教えるって難しい。
伝わってるかなー、理解できてるかなー、楽しいかなー、
いろんなことを考えながら。
先生のすごさに今更気づきました。
高校の先生、授業中寝ててすいませんでした。笑

プリントを手書きして、
裏紙でフラッシュカードを作って、
毎日模索しながらすすめています。

image4.JPG   手作りのフラッシュカード。


image1.JPG   生徒が書いたひらがな。

生徒はみんないい子で、ベンガル語もわからない私が何を言いたいのか、
どういう意味なのか、まっすぐ私を見て、
必死に理解しようとしてくれます。
私のオフィスに来て、ベンガル語も教えてくれます。笑
本当に嬉しい。
image2.JPG   みんなで鶴を折ってみたとき。7年生。

始業時、教室に入って黒板見たら、生徒が書いてました。

あるときは頭に傷を作っていたり、
いつもより静かだったり、
手にぐるぐる布を巻いていたり、
授業に遅刻したり、休んだり。

「どうしたの?」

とは聞けても、それ以上の質問ができない。
それが、悲しいです。
関われば関わるほど、
「この子はどんな子なんだろう?」
そんな疑問がわきます。

image1-2.JPG  鶴。9年生。

いつか、笑いながら語り合ったりしたい。

子供たちは今日も元気に「こんにちは!」
と挨拶してくれます。

2015年5月30日(土) 花城