2009/09/23 Wednesdayauthor: 副代表 木村真希子

【署名のお願い】インド北東部人権活動家ジテン・ユムナム氏釈放キャンペーン

ブログを読んでくださっているみなさま

こんにちは。今日はお願いがあります。

ナガランドの隣のマニプル州で、私の友人が逮捕されました。このブログでも国連会議報告の際に写真でご紹介した人です。

http://www.jummanet.org/dblog/2009/05/1-1.html

5月に国連で人権侵害などを報告していた際にも、ずいぶんと心配をしたのですが、その後7月から8月にかけてまた別の事件が起きました。国連の人権専門家や他の先住民族団体・NGOに情報を発信していた彼も逮捕され、拷問を受けているという知らせが来ました。現在は15日間の拘留ですが、この先長引く恐れもあります。ぜひみなさまのご協力をお願いします。アジア先住民族連盟(AIPP)による署名キャンペーンは9月26日期限となっていますので、あと3日間です。多くの方の声が届けば、きっと事態は変わると思います。

=========================================インド北東部人権活動家ジテン・ユムナム氏が州政府の弾圧に対する抗議活動のため、警察に不当逮捕され、拘留された件について、その後詳しい情報が入ってきたのでお知らせいたします。電気ショックによる拷問を受けているということで、現在さまざまな団体が抗議声明・署名活動を行っています。下記の説明をお読みいただき、以下の二つの団体の署名キャンペーンにご協力いただければ幸いです。

Asia Pacific Indigenous Youth Network (APIYN) (アジア太平洋先住民族青年ネットワーク)
http://apiyn.org/home/?p=216
(下部に名前、メールアドレス、組織名、国名を記入し、黒のsendをクリック)

Asia Indigenous Peoples' Pact (AIPP) (アジア先住民族連盟)
http://www.ipetitions.com/petition/aipp-001/index.html
(一番下に名前、メールアドレス、組織名、国名を記入し、sign petitionをクリック)(次のページに寄付のお願いが出ますが、そのまま終了しても大丈夫です)

* お名前と組織名(任意)を下記のメールアドレスに送っていただければ、こちらで登録します。ぜひご協力ください。
kimuramakiko@hotmail.com


<ジテン・ユムナム氏逮捕に至る経緯>
1) 2009年7月23日、インド北東部マニプル州インパールにおいて警察がチュンカム・サンジットを取り囲み、射殺。流れ弾でトクチョム・レビナ(妊娠中)も死亡。警察はサンジットも発砲したと伝えたが、週刊誌『テヘルカ』が無抵抗のサンジットを射殺した写真を報道。マニプル州インパールを中心に、抗議活動が広まる。
『テヘルカ』記事へのリンク
http://www.tehelka.com/story_main42.asp?filename=Ne080809murder_in.asp

2) 8月5日、抗議活動をしていた市民団体の指導者5人が逮捕される。
8月から9月にかけて、マニプル州で大規模な抗議活動が展開される。
ジテン・ユムナム氏は抗議活動に積極的に参加すると同時に、こうした状況を先住民族ネットワークを通じて世界に発信。また、国連人権理事会の特別報告者に情報提供し、拷問に関する特別報告者がインド政府に質問書を提出するなど、一定の成果を挙げる。

3) 9月14日、タイ・バンコクでの地域会議に出席する途上、インパールの空港にて拘留される。同日、別の市民団体の指導者7人も逮捕される。この逮捕により、インパールにおける人権活動家や市民団体関係者は捜索の手を恐れ、州内外に潜伏する。
ジテン氏の逮捕の容疑は、「インド政府に対する戦争」、「情報漏えいに関する非合法活動」など。9月14日より15日間、警察にて拘留予定。
マニプル州新聞の記事
http://ifp.co.in/shownews.php?newsid=4741

4) ジテン・ユムナム氏の家族が面会した際、電気ショックによる拷問を受けたことを証明する診断書を入手する。
タイムズ・ナウ ビデオクリップ
http://www.timesnow.tv/Another-police-brutality-in-Imphal/videoshow/4327747.cms
タイムズ・ナウ 記事
http://www.timesnow.tv/Another-police-brutality-in-Imphal/articleshow/4327746.cms

ジテン・ユムナム氏ほか逮捕された7名は、国家治安維持法により1年間拘留される恐れもあります。早期に釈放を求める行動が必要とされています。ぜひみなさまのご協力をお願いいたします。


ジュマ・ネット 運営委員
木村真希子