2009/06/16 Tuesdayauthor: Miki

5月バングラ訪問

昨日は法政大学におじゃまをして、『ボランティア・NPO論』という授業の1コマでジュマ・ネットの活動紹介をしてきました。夜の授業だったのに、学生さんたちが大勢いて、こんな夜まで勉強をしていて偉いなーと思います。

講義が終わって話しかけてきた学生がいたのですが、なんと協力隊の時の同期でした。(派遣国は違います)びっくりです。世の中狭いですね。
でも、この仕事をしていると、こうやっていろいろな人ととつながっていくのがすごく楽しいし嬉しいです。

間があいてしまいましたが、出張の時の話です。

バングラデシュという国は色々と予想がつかないことがあるのですが、
今回写真も撮れてインパクトが強かったのが、これ




















ここは、いつも混雑している『ファームゲート』です。なぜ、、こんなのところに、ゾウが・・・・?
私はダッカではこんな風景は見たことなかったです。田舎に行くと時々見たけど。

通りを行く人たちも不思議そうにしていて、みんな必死で携帯のカメラで写真を撮っていました。

足を怪我していて、ちょっとひきずっていました。象と車が共存しているって不思議な感じでした。

チッタゴン丘陵地帯では昔は象がいたと聞きます。

佐藤未希